ORANGE HOUSE RENOVATION

静岡・吉祥寺の住宅デザイン、リノベーションはオレンジハウス

  1. ホーム
  2. NATURAL VINTAGEの家 [静岡市]
新築を建てるのと、どちらが良いか検討しました。ご主人の仕事の都合でできれば街中がよい。しかも、車がたくさん置けて・・・
土地や建物を探していると、たまたま、状態の良い鉄骨3F建ての建物が見つかり、ここなら!と中古を買って、リノベーションを選択しました。

お客様の希望は、キッチンとテーブルが一体になった広いカウンター。フットサル仲間と作戦会議をしたり、わいわい集う場所にしたいそうです。
そして、海が似合いそうなイメージがよい、ということでプランを進めました。
みんなで料理したり、みんなでテレビを見たり、と、楽しいプランが、すぐ湧いてきます。
ミーティングも打ち上げもできそう。しかも、全部すぐに実現します。
外観 白とマリンブルーでシンプルにまとめました。
洗面室や浴室も、マリンテイストです。
コンパクトなキッチンには、こだわりの雑貨が、ディスプレイされています。全部、日々使っているものだそうです。  まるで、カフェにいるようです。
キッチン裏に、ストックヤードを作りました。家事スペースになっています。
壁のペイントは、予算の都合もあり、住まい手さんの、セルフペイントです。 大変だった分、思い出もできました。 トイレのドアは、以前リビングのドアだったものを再利用して、こちらもセルフペイントしました。
スクールロッカーを、シューズケースに。床材は塗装をしていない、無垢の床です。
がさがさした足ざわりが心地いい、うづくりです。壁の塗装、雑貨など、時が経っても、古さがいい味を出すもの、が、この家の、セレクトの指針となっています。
やがては、個室が欲しくなるだろう、子供たちのために、お部屋も用意しました。今のとこ、とりあえず、まだパパとママのコレクションで埋まっていますが・・・いずれ。
雑貨好き、アメリカ好き、古いものが好きは、ご夫婦一緒の趣味だそうです。
ご主人は、音楽から入り、アメリカの文化が好きになり、奥様は、古着から入って、古いものが好きになり、家族の「好き」が、形になりました。

工事をする前に、雑貨は、だいぶ処分してもらったのですが工事が終わった後、また買い込んでましたね、ご主人。
これからも、この家のライフスタイルを貫くことと思います。