ORANGE HOUSE RENOVATION

静岡・吉祥寺の住宅デザイン、リノベーションはオレンジハウス

  1. ホーム
  2. ブルックリンカフェスタイル [静岡市]
  • リビング
  • キッチン
  • 洗面・浴室・トイレ
  • 子供部屋
ブルックリンスタイルのインテリアに仕上げました。
古い建物を思わせるレンガを貼っています。ミックスカルチャーをイメージして、アートや本、音楽や写真をインテリアに取り入れました。家具もノージャンルでミックスしています。

家族が集うスペースができました。
子供たち、と言っても、もう大人の長男さんと、女の子3人、みんなで座れます。
大きくなって、集まる時間がまちまちになってきても、たまには、ここで映画を観たり・・・。
煉瓦の質感をライトアップして楽しめます。
デスクはアンティークです。アートは、ブルックリンの取り壊される劇場を撮った写真です。
ニューヨーク在住の日本人カメラマンの作品です。
キッチンはカフェ風に仕上げました。 無垢の扉や、ガラスモザイクは、時が経っても色褪せません。
子供たちと、一緒に料理を作って楽しめる場所ができました。
大勢で囲める、大きなテーブル
大勢のレディたちのために、洗面室を少し広げました。 カットミラーは既存を利用しています。
既製品のキャビネットを2つ繋げて、大工さんにカウンターを作ってもらいました。姿見の裏は、小物収納になっています。
ミラーの足りない壁にはタイルを貼っています。
お風呂も新しくなりました。
音楽が聴けて、子供たちに大人気
トイレもリフレッシュ。壁や天井は塗装で仕上げました。
ベランダの洗濯機の置き場所を、廊下に作りました。大人数の洗濯が苦でなくなりました。
洗濯機を目隠しする壁は天井まで作らず、明かりが広がるようにしています。
本棚が欲しい!
IKEAの飾り棚と黒板
これから上級生になるので、机と本棚
子供たちに、スペースを分け与えたので、親のスペースもコンパクトに。
化粧台は、もともと使っていたものを小さくリサイズしました。
大きくなった子供たちの個室と、みんなが集うリビングを創り、親の役割として、その姿を見せているようにも感じました。
家づくりを通して、子供さんは親の後ろ姿を見て、感性豊かに育ちそうですね。